江戸旅の会メモー58             07-5

 

 

 

参加者:築地 一宮 星名 林 石井 鈴木史 鈴木宏 秋江 田ノ倉 小宮 

 

佐藤つ 原 原田 松田 小山 高津 小林 西野 木部 朏 落合 21名

 

 

 

日 時:平成29年5月18日 博物館会議室 10時~≒12時

 

講 師:築地学芸員

 

配布資料 「北区西ヶ原二丁目を歩く史跡見学」事前学習資料A3×2

 

     「   〃   」タイムテーブル+飛鳥山ご案内図A3×1

 

◆まとめも築地学芸員によるものです。

 

1.61日実施予定の見学会「北区西ヶ原ニ丁目を歩く史跡見学」の事前学習を行う。

 

①城官寺・山川城官一族墓碑群

 

平塚山安楽院城官寺は真言宗豊山派の寺院。当初は安楽寺と称していたが、江戸時代に山川城官によって再興され、寺名を改めた。本尊は阿弥陀如来像。

 

山川貞久(城官)は、慶長16(1611)に家光の近習となり、特技の鍼術で家光の病を治し、これを契機として平塚神社および城官寺を再興。墓域には山川城官一族の墓碑軍がある。

 

②西ヶ原一里塚

 

西ヶ原一里塚は、日光御成道の2番目の一里塚。

現在の本郷通りには旧道を挟んで一対の塚が現存しており、これは旧位置に保存されている都内で唯一のもの。
中州状になった南側の塚には、大正5
に建立された「二本榎保存之碑」が所在。

 

題字は徳川家達。碑文は、西ヶ原一里塚が保存されるに至った経緯などが記されている。

 

 

③飛鳥山公園の整備

 

飛鳥山は上野から北に続く武蔵野台地崖線に位置。江戸幕府8代将軍徳川吉宗が鷹狩りで当地を訪れた際、紀州飛鳥明神と縁深い飛鳥山に特別の愛着を持ち、享保5(1720)270本、翌年にはさらに1000本の桜を植えた。以降、江戸の名所として飛鳥山が浮世絵や名所記に描かれるようになる。

 

明治6(1873)芝・上野・淺草・深川とともに日本で最初の公園に指定される。現在の公園の形に整えられたのは、昭和40(1965)以降のこと。

 

④旧渋沢家飛鳥山邸

 

旧渋沢家飛鳥山邸は、渋沢栄一が明治34(1901)から昭和6(1931)に亡くなるまでの30年余りを過ごした邸宅跡。邸内にあった本邸や茶室などの建物は昭和20年の空襲で焼失。晩香蘆と青淵文庫の2棟が現存するのみ。両者は近代建築物として国指定重要文化財となる。

 

2.東照大権現像(徳川記念財団所蔵)に記された天海署名の賛について解説を加えた。

 

 

 

「北区西ヶ原ニ丁目を歩く史跡見学」のご案内

 

日 程:61日(木) ※雨天決行

 

集 合:京浜東北線「上中里」駅 改札口前 午前945

 

出 発:午前1000

 

※参加希望者は、518日江戸旅の会で配布の「北区西ヶ原ニ丁目を歩く史跡見学」事前学習資料を当日ご持参下さい。地図の会の方は、54日に配布の平塚城跡関係資料もご持参願います。

 

                   記録・築地貴久 編集・落合 武2017-5-21